FC2ブログ
三度のメシより立ち読みが
毎日ジョギング、週イチ水泳と自転車、せっかくのクルマはあまり乗ってない
雑草撲滅計画(後編)
当日。
事前に電話をもらう。
来たトラックを見るとなんと3t積トラック。
パッと見荷台の3分の2くらい砂利が載ってる。
庭の端に下してもらう。

・・・う。
・・・マジ?
なに?
この山は?
運んできた運ちゃんに聞くと「1.5tくらい?」
うへぇ。

まぁいい。
雑草を抜き、ホームセンターで購入した防草シートを敷く。

そこに砂利を撒く。
といっても道具はスコップとバケツしかない。

ひたすら「バケツに砂利を入れ、庭の端から反対側まで行き、そこに砂利を撒き、また砂利をバケツに入れるために戻り・・・」の繰り返し。

何往復したことか。
10時間ほど(2、3日にわたってやりました)かけてようやく終了。

160828_2.jpg(多分ここだけで200㎏は撒いた)

すっげーつかれた。
ま、業者に頼むと(多分)10万くらいするので、材料費(砂利とシート)で2万くらいなのでまぁ、よし、と。
スポンサーサイト



アップデート、じゃあないけれど
去年購入した、NCこと3代目ロードスター。

中古だったこともあり、前のオーナーのこだわり?なのか純正でない「モノ」がついていた。

一つは、以前も書いたがタイヤとホイール。
あろうことかサイズダウンしていたこともあり速攻交換

もう一つは「ナビとオーディオ」だ。

マツダは伝統的にBOSEが大好きで、純正のオプションはBOSEのスピーカーに専用のヘッドユニットだ(素の状態は4スピーカーでヘッドユニットなし)。
160829_2.jpg(純正のロードスター用ヘッドユニット+BOSEの7スピーカー)

ナビをつけるなら2DINのインダッシュナビ(BOSEのスピーカーを使うバージョンもあるはず)
160829_1.jpg
がオプションリストに載ってたはずだ。

しかしこのクルマはそれらに背を向けて、1DINの社外ヘッドユニットとポータブルナビを付けていた。
160829_3.jpg(ヘッドユニットはアルパイン、ナビはカロッツェリア)

いままでナビと無縁のクルマ生活を送っていたので気づかなかったが、この位置にあるとナビ画面が動いているのが視界に入って鬱陶しい(ナビとしては視線の移動が少なくてすむので正解だが)。

ということで交換。
別にナビはいらないのでただのオーディオだけに。別にアルパインのままでもいいのだが操作方法がよくわからないのとCDが聞けたらいいな、とKENWOOD製の1DINに。

160829_4.jpg(型式U310BT、CD・チューナー、USB、AUX端子だけ)

今更ナビなしのヘッドユニットをつける奴はいないらしく、j●sの店員に珍しがられるほどではあるが。

・・・いいじゃん。
すっきりした。
やはりシンプルなのが一番よ。ナビはiPhone(のグーグルマップかYahooマップ)で充分だ。

KENWOOD U310BT 製品ページ

次は、リジカラでもつけてみようかなぁ…
コメダでもなく支留比亜でもない
その珈琲屋は「和田珈琲店 久音(くおん)」という。
ウチから車で15分ほど、名古屋市に近いな。

今回は姪二人付き。
入る。
開店(8時)直後にもかかわらず、待たされる。
10分ほど待ち、席へ。カウンター席だ。

朝なのでモーニングを。
アイスコーヒーに「ツナフランスモーニング」のセット。ヨメは久音ブレンドに「ホワイトブレッドエッグサラダモーニング」、姪たちはオレンジジュースに「サンドイッチモーニング」だ。

食す。
アイスコーヒーはまぁ、普通。
パンはフランス、というくせになぜかいわゆる「丸パン」だ。
これも及第点か。

“オバミシュラン”の星(5つが満点)は3☆。

お店のHP
食べログの紹介ページ

ヨメ、姪たちの評価も総じて普通な感じ。
この店、「和田珈琲」というコーヒー卸の会社が運営しているようで、東海市にも同じような店があるようだ。
ま、そっちに行くほどではない、か。
雑草撲滅計画(前編)
久しぶりの家ネタ。

「外構」の続きである。

大概のところは砂利を撒いているのだが、予算の関係で裏側は放置していたのだ。
160828_1.jpg(雑草が生えたい放題)

家ができて5年半、表に砂利を敷いてからも4年。
夏の草むしりも辟易してきたことだし…ここいらで裏にも砂利を撒くとしますか…

業者に頼んでもいいのだが、ケチ臭く砂利を買ってきて自分でまくことに。まぁ、要するに「DIY」しちゃうわけだ。

近所の建材屋に行く。

「砂利チョーダイ」
といったら
「面積を測ってきてください」
ときた。
ごもっとも、と思っていったん帰って砂利をまく場所の面積を測る。

コンベックスで長さを測り、面積を計算。
再度建材屋に行き
「○×平方メートルでした」
というと
「どれくらいにしますか?※」
と聞いてくる。

※この場合の“どれくらい?”は「何立米(立方メートル)必要か」と「どんなサイズの砂利にするか」ということである。念のため。

それはこっちが聞きたい、と思いつつ
「どれくらい要りますかね?」
とかえすと、
「大体4センチくらいの厚さになるように敷くのがが一般的ですが…それで計算しますと…大体0.7立方メートルくらいですかね。
余裕を見て1立方メートルくらいがいいかと思いますがどうでしょう?」

それにOKし、うちから持ってきた砂利を見せて「このくらいのサイズの砂利で」と注文。

値段は砂利そのものは7500円、配達に6000円、消費税とか入れて1万5000円程度。
ま、こんなもんか。

仕事の関係(夏連休を挟んでいたため)で後日配達してもらうことに。

ちょっとドキドキしてきた(なんでだ、とか聞くな)。

~続く~
チェーンでない讃岐うどん
その店は「讃岐うどん 十四明(とよあけ)」という。

豊明市役所の近所にある。
なぜか「土曜休み」のため行きそびれていたのだ。

入る。
4人掛けテーブルが4つ、8人掛けが1つしかない小さな店だ。
夫婦で切り盛りしているらしい。

「きぬあかり」という愛知県産小麦をつかっているようで。
俺は「さらしな+かき揚げ丼」、ヨメは「さらしな+天ぷら」を頼む。

ちょっと細めのうどんが皿の上にざるを置き、その上に盛って出てきた。
そしてかき揚げ丼に香の物の代わりか昆布の佃煮がついていた。渋いな。
食す。

うどんは表面が滑らかなのでつるつるいける。
結構コシの強い麺だ。

かき揚げ丼もいい感じ。
佃煮は好みがわかれるところか。ご飯のお供の方が良いかも。

“オバミシュラン”の星(5つが満点)は4☆。

お店のHP
食べログの紹介ページ

1000円なのでちと高いが、「讃岐製麺」などとは違う個人店ならではの店でした。
どうして「讃岐うどん」を謳っているのかはイマイチわからんが。